先物取引と株取引の違い

株式取引の内容

株式取引の流れ

株券を買うと出資者としてその企業の経営に口出しをすることができるようになる。これを株主というが、つまりオーナーの1人になるということである。年に数回開催される株主総会に足を運ぶ権利を得られるし、株主優待などの見返りを受けることもできるのだ。もちろん、企業が利益を上げれば配当金を受け取ることもできる。
たいていの場合、株の購入は証券会社を窓口にして購入する。この場合、他の投資家が売りに出した株券を、証券取引所を介して購入する形になるため、証券会社で口座を開設しないと取引を行うことができない。
もっとも、企業が損害を出したときはその分の不利益を被ることはないが、株は値下がりしなかなか転売ができない上、配当金は減るかもらえなくなることもある。

株式取引の注意点

証券取引所では、上場している4000以上の企業の株を売買することができる。しかし、名前の似通った起業が非常に多く、特に三菱や三井といった起業の場合は同名がかぶっていることが多い。よって、間違った会社の株をうっかり買ってしまわないように注意が必要だ。こうした間違いを防ぐため、全ての株には「銘柄コード」と言う番号が振られているので、それで企業を区別しよう。
ほかにも様々なルールが設定されているため、そうしたルールを学習する必要がある。まず1つ目は価格優先の原則だ。これは、より高い値段で買いたいという注文と、より低い値段で売りたいという注文が優先されるのである。2つ目は時間優先の原則だ。同額の注文であれば、先にその注文をした者が優先されるということである。


この記事をシェアする
TOPへ戻る