先物取引と株取引の違い

先物取引と株式取引の、時間と費用の違い

先物取引の流れ

先物取引は、未来の日付をあらかじめ定めておき、その期日に、特定の商品・品物を売買することを約束しておき、その通りに実行する取引である。ただし、売買する金額については約束した時点で決めておくものとする。つまり、「現在今時点の金額で、未来の商品を売買することを約束する取引」である。
未来の商品の価格の変動を見越し、予測して取引を行う必要があるため、変動を見極めて的確な判断をする必要があるため難易度は非常に高いと言えよう。しかし、商品の価格が将来値下がりするなら将来売却する先物取引を行えばよいのである。
先物取引は少額から取引をすることができるため、初心者でも少しずつ始めることができる。手数料が手ごろな会社も多いので、手軽なところから始めてみることができるのだ。

先物取引のメリットデメリット

先物取引は、未来の価格変動を見透かせば大きな利益を作ることができる。未来にかなり大きな金額の売買を約束しても、現時点では約束した金額の10分の1程度の証拠金さえ支払えば購入することができる。
また、いくつかの銘柄は株価指数を対象としているので、日経平均株価の動向を予想するだけで利益を上げることができる。これにより、倒産のリスクを減らすことができるだろう。
一方、デメリットも存在する。それは、大損する可能性も十分にあるということである。もし大負けした場合、証拠金をあとから付け足しで支払わなければならないこともある。これは普通の株取引と同様、稼げる可能性も損をする可能性も存在している、どちらに転ぶのかわからない賭けであることに変わりはない。


この記事をシェアする
TOPへ戻る